治療費が高額になる時なった時

 治療を受けて支払う自己負担額が高額になると事前にわかっている場合は、健康保険限度額適用認定証を発行してもらい、事後に高額になった場合には、高額療養費の支給申請をします。

 

 高額療養費の支給申請

 被保険者や被扶養者が医療機関等で治療を受けた時に支払った自己負担額が、一か月間で一定の金額を超えた時に、高額療養費が支給されます。この自己負担金についてですが、医療機関等の窓口で支払った額のうち、保険診療にかかる部分が対象となり、差額ベット代のような保険診療以外のものは対象にはならないです。

 

 健康保険限度額適用認定申請書

 治療費が事前に高額になることがわかっている場合には、健康保険限度額適用認定の申請をして、健康保険限度額適用認定証を発行してもらいましょう。健康保険被保険者証とあわせて医療機関等の窓口に提示することにより、1か月の支払いは高額療養費の自己負担限度額までとなります。

 

 

  • 無料相談はこちら
  • お問合せはこちら

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧