経営コンサルティングについて

 労働分配率を改善するためには付加価値を高めることが大切であると述べましたが、付加価値を高めることはおいそれとできるものではありません。経営者の多くの方はこのことに日々頭を悩ませていることだろうと思います。

 

 そこで、この悩みを解消してくれる一助となるのが経営コンサルタントの存在です。経営コンサルタントとは、企業や個人商店などの経営者とコミュニケーションをとりながら経営状況を調査し、問題を診断し、具体的な改善方法をアドバイスしたり、今後の方針について指導したりすることを専門職業とする者を言います。また、経営者向けの、各種セミナーの講師をしたりします。企業経営が昔と違って複雑化していますので、より高度で専門的な知識や経験が必要となってきており、経営コンサルタントの重要性が近年増していると言われています。

 

 ただ、一口に経営コンサルタントと言っても、特に決まった分類方法があるわけではありません。経営戦略の立案、組織改革、マーケティングなど経営全般に関する相談業務を行います。リスクマネジメントについての対応業務も最近では増えつつあるようです。経営全般についてだけではなく生産・販売・営業・情報・財務・人事などなど分野ごとにも対応します。

 

 経営に関することについては間口が広いので、経営者が必要としている分野を得意としている経営コンサルタントを選択する必要があるかと思います。

◇経営コンサルタントの選び方について◇
・企業間取引(BtoB)の集客が得意であるか企業対消費者間取引(BtoC)の集客が得意であるか
・インターネットでの集客の実績
・0から1にした実績

 BtoBビジネスとBtoCビジネスでは購買の動機や過程が違うため購買の導線が異なります。また、BtoBビジネスのウェブマーケティングの経験が豊富な人はBtoCビジネスのそれと比べ少ないので、担当者の当たり外れが大きくなります。

 インターネットが最重要の集客ツールであることを昨今疑う人はあまりいないと思います。インターネットの世界は日々変化しています。一年前の手法がそのまま通用するはずはありません。現在進行している成功事例であるデータを確認させてもらうのがよいでしょう。

 0から1にすること、すなわち新規ビジネスを立ち上げることはたいへん困難なことです。その困難なことを何度も乗り越えた経験がある経営コンサルタントを選択しましょう。

 

 

  • 無料相談はこちら
  • お問合せはこちら

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧