人事・労務・外国人雇用

創業時の労務手続き

会社を設立したら経営者にとって早急の課題は如何にして売り上げを確保するか、利益を上げるかということになるかとは思います。しかし、それと同時に会社の体制づくりも進めていく必要があるかと思います。売り上げの確保や利益を上げるということがいわば経営の「攻め」であるならば会社の体制づくりはいわば「守り」と言えます。社長一人で会社を運営していくということであれば会社の体制を整えていく必要もありませんが、人を雇って事業を発展させていくのであればこの「守り」についても会社を設立した当初からしっかりと考えていく必要があります。

会社設立後の労務手続きのページを見る

 

外国人雇用(VISA・手続き)

ビジネスの国際化に伴って、優秀な外国人を採用したいという企業が増えています。このような状況の中、これまでに外国人労働者を雇用したことがない企業の中には、外国人労働者の募集方法や就労ビザの取得方法などに不安をお持ちの方が多いのではないでしょうか。
しかし、外国人労働者を雇用することはそれほど難しい手続きではありません。それよりも外国人労働者の能力を最大限発揮して戦力となってもらう、また、労働上のトラブルを発生させることなく長期間継続勤務してもらえるようケアをし続けることが、一番大変なことではないでしょうか。
採用後のフォローをきめ細かに行っていくことが、外国人労働者を雇用する上でのポイントです。
ここでは、実際に外国人労働者を雇用する場合のお手続きの流れをご説明させて頂きます。詳しくはこちらをご確認下さい。

会社設立・助成金・創業支援に関するご相談なら、お気軽にお問い合わせください!

お電話でのご相談・ご依頼は

0120-772-489

   受付時間内にお電話が難しい方はこちら

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧