創業時の融資(資金調達)を知ろう

ここでは、創業時の融資(資金調達)についてご案内させていただきます。

会社設立をするには、まず事業運営の元手となる資金を調達しなければなりません。自己資金で足りる場合には、それに越したことはありませんが、3ヶ月目で資金がショートしてしまったとか、1年間分の運営資金が無いといった話では、社会における信用が全くありませんので投資の全く要らない事業でも最低限1年間くらいの運営資金は頭に入れておく必要があります。

また最低限の設備投資が必要であれば、しっかりとお金を準備しなくてはいけません。親や兄弟、友人など身近で人間関係のあるところからの借入が一番簡単なように思えますが、300~500万円を超えるようなお金ともなると、そうも簡単に借りる事が出来ませんし、1000万円単位となると、きちんとした契約を締結する必要があります。

ここでは、創業時の資金調達に活用しやすい日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)や、保証協会を使った民間の金融機関から融資地方自治体の制度融資認定支援機関を活用した金利の優遇制度、それぞれの活用のポイントやどこが融資を受けやすいのかなどをご紹介させていただきます。

創業時の融資(資金調達)については下記からご確認ください。


 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧