資金調達・助成金など

資金調達

会社設立をするには、まず事業運営の元手となる資金を調達しなければなりません。創業時に資金調達することができるのが創業融資です。創業融資は、日本政策金融公庫が行う「新創業融資と信用保証協会・金融機関・地方自治体が連携して行う「制度融資」を活用するのが一般的です。

創業融資のページを見る

 

助成金活用

創業時の助成金は、中小企業基盤人材確保助成金、地域創業助成金、受給資格者創業支援助成金、高年齢者等共同就業機会創出助成金、子育て女性起業支援助成金などがありますが、助成金は毎年改廃があるため、その時々にどんな助成金が使えるのかをしっかり把握した社会保険労務士に相談して、返済しなくても良いお金(助成金)を確実に取得するようにしましょう。

創業時の助成金ページを見る

 

補助金の活用

創業時の資金調達方法で、融資や助成金と同様に、補助金もうまく活用できれば、有効な資金調達方法になります。また、補助金も助成金と同じく返済が不要ですが、助成金は、受給要件に満たしていれば、原則受け取れるのに対し、補助金は、申請を出しても受け取れない場合があります。

 

会社設立・助成金・創業支援に関するご相談なら、お気軽にお問い合わせください!

お電話でのご相談・ご依頼は

0120-772-489

   受付時間内にお電話が難しい方はこちら

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧