創業時の経営計画を知ろう!

創業時においては、漠然とした大きなビジョンを持っていることも大事ですが、妄想でも希望でも良いのですが、80%以上は堅いところでの売上、経費、利益について決めておく事も重要です。

難しい事を考える必要はありませんが、最低限は知っておくべきという事は下記になります。

売上 = 客数 × 客単価

 ・客数:月にどれくらいの顧客から依頼をいただくのか、購入いただけるのか
 ・客単価:その顧客からいただく平均単価はいくらなのか

(例)飲食店:月1000人が来店して、客単価が3,500円の場合は、350万円の月商など

売上 = 経費+利益

 

 ・上記のように、売上に対する経費と利益を明確に把握しておく必要があります。

業界ごとに、人件費率、家賃比率、広告費率(立地や業態によって変動)、諸経費、修繕費、設備投資などは大きく異なりますが、それぞれの業界ごとに基本となる枠組みは、ほぼ固まっています。

きちんとした経営計画を持っていただく事が重要になります。

こうした最低限の経営計画が無い方は、残念ながら、ずさんな経営感覚の方と見られてしまいます。当然ながら、銀行も公庫もそうした感覚の方とはお付き合いしたくありません。皆さんも一緒ですよね、貸したお金を返してくれそうに無い方には、貸したくないですよね。

どこまで正確かは別にしても、何かしらの基準値をもとに、たたき台としての数値計画を一生懸命に作り込んでみましょう。参考までに、1億、3億、10億と業績を伸ばす人のほぼ100%は、妄想かもしれませんが、おそらくこうなるのではないか?という数値計画と常に向き合っています。そして上手く行く、行かないがあった時には軌道修正するとともに、何故そうなのかをきちんと把握しようとします。

でも、そもそも目安となる計画が無ければ、想定よりも良かったのか、悪かったのかも分かりませんよね。

きちんと、経営計画を立てるようにしましょう。

会社設立・助成金・創業支援に関するご相談なら、お気軽にお問い合わせください!

お電話でのご相談・ご依頼は

0120-772-489

   受付時間内にお電話が難しい方はこちら

  • 無料相談はこちら
  • お問合せはこちら

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧