既存社員の適性検査について

 適性検査は採用時に利用する能力検査や性格分析検査だけではありません。既に会社で働いている従業員の適性を分析する検査もあります。その適性検査についてどのようなものがあるのか、また、どういう場合に利用することができるのか詳しく見ていきましょう。

 

 現有社員適性検査 

 適性検査CUBICの中に、現有社員適性検査というものがあります。この検査は、自己の評価と他者の評価の両面から既存社員一人一人の特性を性格・社会性・意欲・価値観等々の側面から客観的に分析することができますので、この結果は従業員の教育・指導や配置・異動の参考資料として利用することが可能となります。通常適性検査は人事部や総務部あるいは経営者が取り扱う参考資料となるものですが、この現有社員適性検査は検査を受けた従業員に「自己分析シート」というものが用意されていますので本人にフィードバックすることができ、本人に強みや弱み等の「気付き」を与えることができます。

 

 現有社員用モチベーション測定

 これまた適性検査CUBICの中に、現有社員用モチベーション測定というものがあります。従業員が現在どのように働いていて、どのくらい充実感があるかという現状と本当はどうしたいか、何を重視しているかという理想を比べることにより、その従業員の働き方に対する志向性の測定を行うことができます。従業員にとって何がモチベーションとなるかを、測定される志向の度合いを見ることにより把握することが可能となります。組織ごとや社員間のモチベーション比較に利用することもできますし、人事異動あるいは新規事業の立ち上げメンバーの選考などに利用することもできます。

 

 従業員一人一人得意不得意というものがあります。また、仕事に対する接し方というのも個人個人異なります。そのような中で、何も分かっていない状況で組織を組み立てたり、更には組織を活性化することなど難しいことだと思います。あまり、人員の配置が上手くいってないなぁ~ですとか、会社全体として活気がないなぁ~とお感じであれば、まずは、適性検査で現状を把握してみてはいかがでしょうか?

 

  • 無料相談はこちら
  • お問合せはこちら

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧