レンタルオフィス

レンタルオフィスってどうなの?

レンタルオフィスは、個室やスペースをパーテーションなどで区切られているなどプランは様々ですが、会社のオフィスとして利用出来る空間であり、一般的には、ビジネスに必要とされる机、椅子、コピー機やファックス、ビジネスホンなどのOA機器が予め備えられています。

賃貸オフィスの場合は、敷金、保証金、礼金、仲介手数料と言った諸費用が必要であったり、一定の契約期間(一般的には2年毎)の更新を行ってオフィスを借りるため、途中で退去する場合は原状回復が必要になりますが、レンタルオフィスは、保証金や礼金、仲介手数料が発生なく、更新も年単位ではなく月毎というのが一般的です。さらに、オフィスによって、ビジネスに必要なオフィス家具、電話インターネットなどが備え付けられていたり、OA機器も共同で利用できるため、初期投資は賃貸オフィスより安く抑えられます。一方で、月々のランニング費用は賃貸オフィスより割高になります。

 

レンタルオフィスを利用するメリット

  • 立地条件の良い物件が多い
  • 初期投資を抑えられる
  • 必要なスペースだけを必要な期間で契約することが可能
  • 会議室なども必要に応じて利用できる
  • 法人登記できるオフィスもある

 

レンタルオフィスのデメリット

  • 月々の利用だけでなく、別料金オプションが多く、ランニング費用(月々の利用料)が賃貸オフィスに比べると割高になる
  • レンタルオフィス事業者が廃業する場合がある
  • パーテーションで仕切られているだけのレンタルオフィス(シェアオフィス)の場合には、プライバシーに問題がないか事前に確認が必要

 

シェアオフィス・バーチャルオフィス・コワーキングスペース

シェアオフィス

レンタルオフィスの中でも、パーテーションなどで仕切ってブース化したオフィスは、シェアオフィスとも呼ばれます。ブースは決められ、一つのブースを専有スペースとして利用します。また、共有スペースもあるので、他の利用者との交流も図ることもできます。

コワーキングスペース

コワーキングスペースは、シェアオフィスとは異なり、特定の座席を決めずに、他者とスペースを共有するオフィス形態として最近増えています。業務のための拠点が欲しいフリーランスや起業家に向いています。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスは、実際には入居せずに住所や電話番号、FAX番号などをレンタルすることができます。安い料金で一等地の住所を所在地として名刺に記載したり、登記できるバーチャルオフィスもありますが、事業所として実態が見えない点では信用面で少し不安もあります。

 

会社設立・助成金・創業支援に関するご相談なら、お気軽にお問い合わせください!

お電話でのご相談・ご依頼は

0120-772-489

   受付時間内にお電話が難しい方はこちら

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧