独自ドメインの取得

ドメインの構造

ドメインとは、分りやすい言葉でいうと、インターネット上の住所のようなものです。
私たちがホームページを閲覧していると、ブラウザのアドレスバーに「http」や「https」から始まる文字列が表示されています。たとえば当サイト、会社設立オンラインをご覧いただいていると、「https://www.kaisya-setsuritsu.online/」と表示されています。 これをURLといいますが、この「kaisya-setsuritsu.online」の部分がドメインとなります。

さらに「.online」の部分をトップレベルドメインといい、サイトの目的や国によってどのトップレベルドメインを使うか決めます。
「.jp」、「.com」、「.net」などは日本でもよく見かけるトップレベルドメインです。どのトップレベルドメインを取得するかによって、コストも変わります。

 

サブドメインと独自ドメイン

 

サブドメインとは

アメーバブログを例にしてご説明いたします。
アメーバブログでブログを作成すると、「http://ameblo.jp/●●●」となります。 「●●●」の部分は利用者が好きに決めることができますが、「ameblo.jp」の部分は変更することができません。

アメーバがameblo.jpという独自ドメインをブログサービスの利用者に分割して貸しているというイメージです。 無料のブログサービスや、無料のホームページ作成サービスでブログやホームぺージを作った場合は大抵このようなサブドメインのURLになります。
そのため、会社のオフィシャルサイトとして使うには頭に「ameblo」などの他社のドメインが入るのは印象面でも好ましいといえません。

 

独自ドメインの取得方法

やはり会社の顔ともいえるホームぺージは、独自ドメインで作成する方が好ましいと言えます。
独自ドメインの取得手順としては、次のようになります。

1.ドメイン名の候補を決める
ドメイン名は好きに決めることができますが、会社のホームぺージのドメインを取得する場合はわかりやすく会社名にすることが多いようです。
ただし、ドメイン名は世界中でユニークなものでなくてはならないため、いくつか候補をあげておく方が安心です。 特に、短いドメイン名は人気があり四文字程度のドメインは取得が困難です。

2.ドメイン名が他で使用されていないか調べる
ドメイン名を決めたら、そのドメインが他で使用されていないか調べます。お名前.comやムームードメイン等のドメイン取得サービスのホームぺージで簡単に調べられるようになっています。

3.ドメイン取得の申請を行う
希望のドメイン名が空いていたら、ドメイン取得申請を行います。ドメイン取得サービスを通して行うことができます。

ドメインを取得したら、ホームぺージのデータがあるサーバーに設定する作業を行います。

 

オーシャンのドメイン取得代行サービス

オーシャンでは、ドメインの取得とサーバーの設置を2000円で代行しております。

ドメインやサーバーの設定を行ったことがなく不安な方、面倒な作業に煩わされたくない、本来の目的である会社の運営に注力されたい方は、ホームページ作成サービスと併せてご検討ください。

 

会社設立・助成金・創業支援に関するご相談なら、お気軽にお問い合わせください!

お電話でのご相談・ご依頼は

0120-772-489

   受付時間内にお電話が難しい方はこちら

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧