オフィスデザイン

オフィスにおいて、立地条件なども重要ですが、エントランスや動線などレイアウトを含めたオフィスデザインも重要です。整ったエントランスは会社の信用を向上させ、働きやすいオフィス空間は、従業員の勤労意欲や作業効率が向上につながり、生産性の向上から成果が出やすくなります。

 

オフィスデザインの効果

コミュニケーションを活発にする

仕事をする個人のプライベートスペースやミーティングルームの設計ひとつとっても、コミュニケーションが変わってきます。さらに、社員が気軽にミーティングできるソファスペースを設けたり、休憩中に利用できるリフレッシュスペースを設けることで仕事上の話だけではなく、社員同士のコミュニケーションを活発にできます。

従業員満足度が向上する

オフィスのデザインは従業員の勤労意欲や作業効率が向上、ひいては社員の満足度にも大きく影響します。プライベートスペースの作業集中環境を重視するのであれば、個人のデスクの幅を広めに取ったり、パーテーションによって仕切ることで、より集中しやすい環境を用意することができますし、リフレッシュスペースは気分転換だけでなく、社員同士のコミュニケーションを活発にします。そして、従業員満足度が上がれば人材の定着にもつながります。

企業文化を伝える

ブランドイメージや企業イメージとオフィスデザインを統一することによって、お客様に一貫したブランドイメージを浸透させることで企業のブランディングを促進させたり、来客や採用面接などの際に、企業の風土や文化を伝えることができます。

 

オフィスデザイン事例

エントランス

受付カウンターは大きく開口を設けオフィスの透明化を促し、来訪されたお客様に信頼感を感じて頂けるように。

 

ミーティングルーム

会議スペースは、フラットな会話がしやすい軽やかなスペースと、しっかりとした会話ができる重厚なスペースにより、業務によって使い分けを。

 

パーテーション

 

会社設立・助成金・創業支援に関するご相談なら、お気軽にお問い合わせください!

お電話でのご相談・ご依頼は

0120-772-489

   受付時間内にお電話が難しい方はこちら

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧