社内ネットワークの構築

無線LANは便利、ただし・・・

無線LAN無線LAN(Wi-Fi)は、オフィスのネットワークを構築するための技術として、一般的な存在となり、ノートブックPC、スマートフォンやタブレットなどの新しいデバイスが活用されるようになった現在において需要がさらに高まっています。有線LANを敷設したオフィスの場合、席の移動や引っ越しなどがあると、配線作業も多くなり、業者の作業費用が嵩みがちですが、無線LANなら席がどこにあっても構わないため、ケーブルを配線するコストや作業も最小限で済みます。

ただし、無線LANは、自由に移動できるなど利便性が高い反面、有線に比べると接続が不安定で速度も遅いというデメリットもあります。さらに、セキュリティ面が問題になる可能性があるため、ファイアウォールやMACアドレスフィルタリングなどによる外部からの不正侵入への対策や各パソコンやサーバーなどへのパスワード設定などの情報漏洩対策も十分に留意する必要があります。

 

社内ネットワーク構築・LAN工事の流れ

LAN工事社内ネットワークの構築は、パソコンやプリンタなどのネットワーク機器を使えるよう、ネットワークの整備やインターネット環境を構築するために行います。一般的には、配線などの関係からも電話工事と併せて社内ネットワーク構築やLAN工事も一緒にすることが多いです。

LANの工事をする前に、まずはじめにパソコンやプリンタなどの接続機器や、サーバの位置をオフィスレイアウトと合わせて業者と確認します。業者に依頼する場合、この時点で見積もりをもらいます。それから各機器をつなぐためにLANの配線を行い、必要に応じて中継用HUBを設置もします。社内で無線LANを利用する場合は、無線LAN機器の設置や設定もあわせて行います。

LAN工事で掛かる費用は主に、出張料・派遣料などの人件費、LANケーブルなどの材料費、さらに作業費になりますが、パソコンの台数やフロアのレイアウトによって異なりますので、事前に工事業者に確認しておきましょう。

 

 

会社設立・助成金・創業支援に関するご相談なら、お気軽にお問い合わせください!

お電話でのご相談・ご依頼は

0120-772-489

   受付時間内にお電話が難しい方はこちら

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧