合同会社の設立

合同会社を設立する場合には、特徴やメリットデメリットを確認しておきましょう。

合同会社(LLC)のメリット

合同会社の最大の特徴は自由度が高い上にもかかわらず、株式会社同様の形態を持ち合わせているところにあります。

同じ持分会社でも、合名会社や合資会社は無限責任制ですが、合同会社は株式会社と同様に有限責任制です。出資者の責任は出資額の範囲までのみ責任を有します。そして株式会社同様に法人である事も1つのメリットとなります。合同会社として設立した後、株式会社に変更することも可能です。

合同会社は内部自治制であり、利益や権限の配分が出資金額の比率に拘束されることがありません。取締役や監査役なども必要なく、社員が1名以上いれば設立および運営することが可能です。社員の入社や持分の譲渡、会社の規則を決める定款の変更については社員全員の同意のもとによります。業務執行権限を全ての社員が有し、定款によって一部の社員のみを業務執行職員として定めることもできます。

合同会社のデメリット

合同会社は欧米では多く見られますが、日本では株式会社と比べてしまうとまだまだ知名度が低いと言えます。そのため、取引先がつかなかったり、求人を出しても人材を集めにくくなります。

また、資金調達の手段も少なく、上場はできません。利益の配分割合を出資金額に関係なく配分できるため、社員同士で対立してしまう可能性があります。

 

合同会社の設立をお考えの方はメリットデメリットをきちんと理解した上で設立しましょう。

 

 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧