合同会社・合名会社・合資会社の違い

 合名会社は、無限責任社員のみで構成される会社形態です。無限責任社員とは、債権者に対して直接連帯して責任を負う社員(出資者)のことを言います。以前は、2名以上無限責任社員が必要でしたが、現在は1名以上で合名会社を設立することができるようになっています。

 

 次に、合資会社は、無限責任社員と直接有限責任社員で構成される会社形態です。直接有限責任社員とは、出資額についてその金額の範囲内で限定的に責任を負い、会社債権者に対し直接責任を負う社員(出資者)のことを言います。

 

 合同会社の場合は、間接有限責任社員だけで構成される会社形態なので、合名会社・合資会社とはこの点で大きく異なります。ちなみに、間接有限責任社員とは、出資額の範囲内においてのみ責任を負う社員(出資者)のことを言います。

 

 合名会社と合資会社は、資本金制度が無く、現金による出資が特に義務付けられているわけではありません。信用や労務、現物出資も認められています。合同会社は、資本金制度(1円以上~)がありますのでこの点も異なります。

 

  合名会社・合資会社は合同会社と同じように設立費用が安いですが、なんといっても経営者達が直接リスクを負うという点がネックとなり会社設立は少ないです。

 

 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧