合同会社と株式会社の違い

 平成18年の5月に新会社法が施行され、有限会社制度が廃止されました。

 その代わりといってはなんですが、合同会社制度が新たにスタートしました。

 日本版LLCとも呼ばれる合同会社は、ベンチャー起業家を中心に近年設立が増えています。

 株式会社ではなく合同会社を設立する意図はなんなのか、有利な点があるのか、あるいは不利な点があるのか、どのような違いがあるのか見てみましょう。

 合同会社も株式会社同様、資本金1円~設立することができますので違いはありません。

 出資者の責任についても、合同会社・株式会社ともに「有限責任」で違いはありません。(有限責任とは出資した財産でのみ責任を負うことをいいます。わかりやすくいいますと、出資金が1,000万円で1億円の負債を抱えて倒産となった場合、出資額の1,000万円については消えてしまいますが残りの9,000万円については責任を負わなくてよいということになります。)
 

 最低出資者数も、ともに1名で違いはありません。

 違いがある点は、株式会社は定款の認証が必要ですが、合同会社は不要です。定款認証が不要な点も含め、株式会社設立より合同会社設立のほうが設立時の費用が安くすみます。

 株式会社は、株を多く持っている人が、より多く利益分配されます。一方、合同会社の場合は出資比率に関わらず、利益分配を出資者の間で自由に決めることが可能です。また、合同会社は株主総会などの設置義務がなく、経営の意思決定も出資者同士で決めることが可能です。そのため、会社の出資者以外の人に左右されることなくスムーズな意思決定を行うことが可能です。
 
 合同会社は非常にメリットのある会社形態ですが、まだ日本国内では知名度が低いです。そのため、株式会社の方が合同会社よりも格上と考えている企業が多いと思われます。しかし、一般の消費者にとって株式会社か合同会社かで企業をどちらが優れているか判断するケースは少ないと思いますので、合同会社を選択するということも一考の余地があるといえるのではないでしょうか。

 日本の有名な合同会社・・・アップルジャパン、西友、ユニバーサルミュージック等



 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧