企業内転勤

このページでは、企業内転勤ビザについてご説明致します。

企業内転勤ビザとは

企業内転勤ビザとは、外国にある本社や系列会社から外国人社員を日本に呼び寄せる場合に申請をするビザのことです。このビザを取得すると、「人文知識・国際業務」等に含まれる内容で仕事をすることが可能となります。

 

企業内転勤ビザ取得のよくあるケース

前述したように、企業内転勤ビザは、人事異動等で外国から日本に働きに来る社員が対象です。下記に一般的なケースを3パターン記載させて頂きます。

よくあるケース①

国際的な企業において、日本で外国人労働者を採用するよりも、海外にある関連会社や子会社から実績と経験のある外国人社員を日本に転勤させた方が即戦力になるケース

よくあるケース②

ソフトウェア開発やWebシステム開発、また今流行りのスマホアプリ開発などの運用保守管理を、海外の開発会社や海外子会社が行う場合において、現地の外国人開発責任者を転勤によって日本に呼ぶケース

よくあるケース③

「技術・人文知識・国際業務ビザ」の許可基準である学歴の要件を満たしていないが、海外の関連会社や子会社で継続して1年以上勤務した外国人社員を日本に転勤させるケース

 

企業内転勤ビザの要件

企業内転勤ビザを取得するためには、下記の2つの要件を満たす必要があります。

・企業内転勤ビザを使って転勤をする直前に、海外にある本店、支店その他の事業所において1年以上継続して「人文知識・国際業務」や「技能」に掲げる業務に従事していること。
日本人の労働者と同等額以上の報酬を受けること。
 

企業内転勤ビザのポイント

日本での勤務が一定期間に限られていることが重要であり、企業内転勤ビザを使って転勤させた外国人労働者に単純労働をさせることはできません。
外国人労働者が経営又は管理に従事する場合には、「投資・経営ビザ」が別途必要となります。

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧