会社設立時の資金調達と資本金

 自己資金が重要だと「会社設立時の資金調達方法」でも述べましたが、重要な理由の一つに自己資金を資本金にあてるというルールがあることが挙げられます。

 自己資金の他に借りたお金も資本金にあててしまう起業家がいるようですが、本来それはルール違反になります。

 友人からの借金や融資等すべての借金は資本金にすることができません。

 資本金はあくまで自己資金なので、他人のお金を流用してはいけないのです。

 新会社法により資本金1円からでも会社設立ができるようになりましたが・・・

 資本金は、運転資金を調達するための融資にも大きく影響します。

 資本金が多いほうが、融資は受けやすくなるのです。

 銀行などの金融機関は貸倒れをもっとも嫌います。

 当たり前と言えば当たり前の話ですが、資本金が少しでも多い会社にお金を貸そうとするのです。

 会社設立時の資金調達方法として日本政策金融公庫の新創業融資や自治体の制度融資を利用するケースが多いです。

 設立時の資本金の額をこれらの融資は、そのまま自己資金として認めてくれることもありますので、資本金は慎重に考えて設定することをお勧めします。


 

 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧