電子定款認証で設立費用を節約

会社設立に必須の定款を電子定款で行う事により、設立費用を節約することができます。
これまで、定款は紙で作成していましたが、平成14年1月15日より電子データとして作成できるようになり、公証人側がデータ上でその定款を認証する事が可能になりました。

法務局への会社設立の登記申請では、電子定款を添付することで登記することができます。

また紙の定款では、発起人または代理人の捺印が必要でしたが、電子定款ではPDF文書に捺印することはできないので、代わりに予め取得した電子証明書を用いて電子署名を行います。

 

電子定款のメリット

電子定款のメリットは、これまで紙で作成しいた定款に比べ、会社設立費用が4万円も安くなることが最大のメリットです
どの部分の費用が安くなるのか、下記をご確認ください。

紙での定款の場合
定款認証料 52,000円
印紙税(収入印紙) 40,000円
電子定款の場合
定款認証料 52,000円
印紙税(収入印紙) 0円

 

上記の表のように電子定款では印紙代4万円が、かかりません!
印紙代とは、文書に対して課税される税金の為、電子文書は、課税の対象にならない為、この印紙税が発生したいことにより、4万円分が安くなるというわけです。

 

電子認証は下記の環境が必要です。

電子定款は、ご自身で設立する場合、下記の環境が必要になってしまいます。

  • 電子証明書
  • Adobe Acrobat Standard/Professional
  • 電子署名プラグイン
  • 電子公証クライアント

上記の環境をご自身でそろえた場合、約10万円弱位かかります。
会社設立の専門家である法律事務所には、上記の環境が整っていますので、お依頼されたほうがお得であるのは間違いありません。

 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧