資本金はいくらに設定するのか?

資本金はその会社の信頼度を示す

以前の会社法では、株式会社を設立するには1000万円の資本金が必要でした。現在は改正がなされて、資本金については1円からでも設立が可能になりました。

1円でも会社が出来るようになりましたが、会社を経営していくには備品等の購入をはじめ出費は多くありますので、あまりにも低い金額を資本金として設定する事は現実的ではありません。

資本金が無くなり、例えば社長が個人でお金を出したとしても、それは経理上借入金となってしまいます。売り上げが見込めるまでの運転資金等も考慮した上で、当面の資金を判断し適切な金額を資本金として設定する事をお勧めします。

実際、資本金はビジネスの規模を示す為のひとつの指標とも考えられています。資本金が1円の会社が取引先として信頼出来るのか、支払いが出来るのか等、相手は様々な不安を感じます。こういったイメージは、会社にとってデメリットとなってしまいます。

 

融資を受ける際の判断材料となる

資本金は、会社が金融機関などから融資を受ける際に判断材料とされる事があります。ある特定の業種については、営業許可を取得する為に一定の資本金が必要となっています。

例えば・・・

建築業許可を取得しようとした場合、資本金は500万円以上である必要があります。

人材派遣業は、1000万円

有料職業紹介は500万円以上の資本金が必要になります。

会社が行う事業と資本金の関係について、事前に確認しておきましょう。

 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧