会社設立の基本事項とは

会社設立の基本事項について確認しましょう。

 

会社を設立するためには、次のような項目を決めなければなりません。

  • 発起人について
  • 事業目的の決定
  • 資本金の額の決定
  • 商号の決定
  • 本店所在地の決定
  • 株式の種類

 

どちら項目も「定款」へ記載する内容になります。(資本金は除く)ですので、正しい内容で記載しなければなりません。

定款は、公証役場で認証をしてもらい初めて効力を持ちますが、その記載事項に誤りがあった場合は公証人に認証してもらうことは出来ません。

また、定款に記載の内容に誤りがあった場合、後々の事業において不利益となる事柄が発生しかねません。基本事項は、素人感覚で適当に決めるものではありません。会社法という決まりと照らし合わせて内容を確認しなければなりません。

これから会社の設立を一から考えている方は、まずは専門家へと相談し、正しい知識をつける事をお勧めいたします。

 

 

 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧