会社設立を安くすませたい

 会社を設立するというと、株式会社を思い浮かべる人が圧倒的多数だと思います。実際に会社を設立する人の多くは株式会社を設立しています。

 ただし、まだあまり世に知られてはいませんが有力な選択肢の一つとして合同会社があります。これは2006年にできた比較的新しいタイプの会社形態です。利益分配が柔軟にできること、少人数での企業に適していること、設立のための費用が株式会社よりも安いことなどを理由として、近年設立が増えてきています。
 

 ここでは設立のための費用が株式会社よりも安いことについて説明したいと思います。まず、株式会社の場合、公証役場での定款の認証が必要ですが、合同会社の場合、認証が不要のため公証人手数料の5万円がかかりません。次に登録免許税ですが、株式会社の場合、資本金の額の1,000分の7で15万円に満たないときは15万円となっています。一方、合同会社の場合、資本金の額の1,000分の7で変わりありませんが、計算してみて6万円に満たない場合は6万円となります。

 

 資金に余裕がある起業家にとってはあまり気にならないかもしれませんが、資金に余裕がない起業家にとっては公証人手数料5万円と登録免許税の差額(15万円-6万円)9万円、あわせて14万円は大きいといえるのではないでしょうか。

 

 社会的信用度は徐々に合同会社も高まってはきていますが、まだまだ株式会社のほうが信用度は高いと思われます。しかしながら、合同会社でも株式会社と同じメリットが受けられることが多々あります。設立の目的によっては株式会社よりも合同会社を選択したほうがいいこともあるでしょうし、合同会社を株式会社にする前のファーストステップとすることも選択肢の一つとして考えることもできるのではないでしょうか。

 

 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧