会社設立をご自身でやった場合

ご自身で会社設立をするには知識と時間が必要です。

会社設立をご自身で出来ないというわけではありませんが、それなりの知識も必要ですし、知識が全くない場合にはまずは勉強から・・・という事になります。
現代では、会社設立についての知識はインターネットや書籍でもたくさんあり、定款のひな型もダウンロードすることも可能になりました。
しかし、一見簡単な手続きのように思えますが、作成する書類も多く、公証役場や法務局に提出しなければなりません。
また、設立には一定の要件があり、要件を満たしていない場合には、手続きをしても受理されないという事もあります。せっかくご自身で作成した書類が全て水の泡になってしまいます。最悪、会社設立を予定している日に、手続きが間に合わないといった事態になってしまいます。

 

会社設立には計画性を!

会社を設立する場合には、将来のことも見据えた計画を立ててから設立しましょう。無闇な会社設立はお勧めできません。
会社の設立と事業の成功とは全く別のものです。

個人事業主として事業を行っていて、法人化したいという場合には、きちんとした事業計画を立てた上で会社設立をしましょう。個人事業から法人化する場合には、これまで以上に、事業計画・将来のビジョン・戦略が重要になってきますので、設立後のことをきちんと計画した上で会社設立手続を行いましょう。

 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧