特定求職者雇用開発助成金

 特定求職者雇用開発助成金 ★★☆☆☆

 特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)高年齢者や障害者、母子家庭の母等の就職が困難な者をハローワークや民間の職業紹介事業者等の紹介により雇用した場合に支給される助成金です

要件としては、

  • 雇用保険に加入している事業所であること
  • 60歳以上高齢者、母子家庭の母、父子家庭の父(児童手当を受給している者に限る)、障害者、生活保護受給者や生活困窮者等をハローワークや民間の職業紹介事業者等の紹介により継続して雇用する従業員として採用する事業所であること
  • 対象従業員の採用日前後6か月間に、事業主都合により退職させていない事業所であること

等が必要となります。

 

特定求職者雇用開発助成金の支給金額は?

特定求職者雇用開発助成金の助成金額は、

中小企業の場合

  1. 対象労働者が短時間労働者以外の者で高年齢者(60歳以上~65歳未満)・母子家庭の母等 支給総額は60万円(30万円×2期、助成対象期間1年)
  2. 対象労働者が短時間労働者以外の者で重度障害者等を除く身体・知的障害者 支給総額は120万円(30万円×4期、助成対象期間2年)
  3. 対象労働者が短時間労働者以外の者で重度障害者等 支給総額は240万円(40万円×6期、助成対象期間3年)
  4. 対象労働者が短時間労働者で高年齢者(60歳以上~65歳未満)・母子家庭の母等 支給総額は40万円(20万円×2期、助成対象期間1年)
  5. 対象労働者が短時間労働者で重度障害者等を含む身体・知的・精神障害者 支給総額80万円(20万円×4期、助成対象期間2年)

中小企業以外の場合

  1. 対象労働者が短時間労働者以外の者で高年齢者(60歳以上~65歳未満)・母子家庭の母等 支給総額は50万円(25万円×2期、助成対象期間1年)
  2. 対象労働者が短時間労働者以外の者で重度障害者等を除く身体・知的障害者 支給総額は50万円(25万円×2期、助成対象期間1年)
  3. 対象労働者が短時間労働者以外の者で重度障害者等 支給総額は100万円(33万円×2期+34万円×1期、助成対象期間1年6ヶ月)
  4. 対象労働者が短時間労働者で高年齢者(60歳以上~65歳未満)・母子家庭の母等 支給総額は30万円(15万円×2期、助成対象期間1年)
  5. 対象労働者が短時間労働者で重度障害者等を含む身体・知的・精神障害者 支給総額30万円(15万円×2期、助成対象期間1年)

となります(※例外あり)。

 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧