合同会社という選択肢

 合同会社という会社形態、設立にはどのような人が向いているのか。

それぞれの置かれた環境や状況によって一概には言えませんが、ここでは代表的なものを挙げてみます。

 

 設立費用が安い

 会社を設立するにあたっては当然お金がかかります。株式会社を設立する場合、最低限必ず必要となる費用は約20万円ほどです。それに対し合同会社は約6万円程度で設立できます(あくまで最低限)。設立にかかるコストだけでみると、合同会社のほうが株式会社に比べ、約14万円安いことになります。なるべく設立のためにコストをかけず、運転資金等に回したいという人は向いていると思います。

 

 法人であればよいという場合

 口座開設のために法人格が必要あるいは取引先との契約上法人格が必要だが、それが特に株式会社である必要はないという人は向いていると思います。

 

 株式会社へのワンクッションとして

 個人事業から合同会社、合同会社から株式会社と事業の拡大ごとに段階を経たい人は向いていると思います。

 

 自由な経営をしたい場合

 合同会社では、「出資者=経営者」なため、出資者が経営について自由に決定できます。出資者のみの自由な経営をしたい人は向いていると思います。

 

 人重視の経営がしたい場合

 意思決定や利益配分が出資額によって決まるのではなく、会社に対する貢献度等で決めたいというような場合、つまり人重視の経営がしたい人は向いていると思います。

 

 

無料相談を希望する

会社設立を依頼する

創業支援サポートを依頼する

運営事業者

料金一覧